アトラ・ハシース叙事詩 日本語への機械翻訳

 

アトラ・ハシース叙事詩

英語文をDeepLで翻訳

紀元前18世紀に3枚の粘土版にアッカド語で記された叙事詩。
アトラ・ハシース神話とも。

叙事詩とは、歴史的事件、特に英雄の事跡を叙事の態度でうたい上げた詩。

アトラ・ハシース叙事詩

2450 B.C.E.

第一章

人間の代わりに神々が
仕事をし、荷を負った、
神々の荷は大きすぎた、
仕事は過酷で、罰は重すぎた、
偉大なるアヌンナキは、イギギ(「邪悪な心を持つ者たち」)に
7倍の仕事を担わせた。
彼らの父アヌは王であった、
彼らの助言者は戦士エリル
彼らの侍従はニヌルタ
彼らの運河管理者エンヌギ。
彼らはくじの箱を取り
神々が分けられた。
アヌは天に昇り
エリルはその民のために大地を取った。
海を塞ぐ閂(かんぬき)は
遠視のエンキに割り当てられた。
アヌが天に昇った時
アプスの神々は下界に行った、
空のアヌンナキは
イギギ(「邪悪な心を持つ者たち」)に仕事量を負担させた。
神々は運河を掘らなければならなかった、
土地の生命線である水路を開削しなければならなかった。
神々はチグリス川を掘り出し
そしてユーフラテス川を掘った。
…深みに
神々は
…アプスを
…大地の
その中に
…その頂を上げた
…すべての山の
彼らは積荷の年を数えていた
…大湿原
彼らは積荷の年月を数えていた。
3,600年もの間、彼らは余分なものを背負っていた、
昼も夜も、重労働。
彼らは呻き、互いを責めた、
掘り出された土の塊に不平を言った:
監視官に立ち向かい
私たちの重労働を解いてもらおう!
さあ、主を運ぼう。
[囚われの]神々の守護者、戦士をその住まいから。

第二章

その時、[キングは]その声を聞かせた。
兄弟である神々に語りかけた:
さあ、私たちは
神々の守護者である戦士を,その住まいから運び出そう。
さあ,エリルを運びましょう、
[囚われの]神々の衛兵,戦士をその住まいから連れ出そう。
さあ、戦いと叫べ!
戦いで戦おう
神々は彼の言葉に耳を傾けた、
彼らの道具に火をつけ
鋤を火のために捨て
その荷を火の神のために置いた。
彼らは燃え上がった
彼らが戦士エリルの住まいの門に着いた時
夜だった
エリルは気づかなかったがエクールは包囲されていた
しかしカルカルは気を配り、門を閉めさせた、
彼は鍵を握って門を見張っていた
カルカルはヌスクを起こした。
二人はイギギの騒音を聞いた。
そしてヌスクは主人を起こした、
ベッドから起き上がらせた:
閣下、お宅が包囲されました、
あなたの家は包囲されています
エリル、あなたの家は包囲されています、
暴徒があなたの戸の周りを走っています
エリルは武器を彼の家に運ばせた
エリルは声を張り上げ
宰相ヌスクに言った
ヌスク、扉を塞げ、
武器を取って、私の前に立ちなさい」。
ヌスクは戸を閉め
エリルの前に立ちふさがった。
ヌスクは声を張り上げた
戦士エリルに話しかけた
「我が君よお前の顔はタマリスクのように浅黒い
なぜ自分の息子を恐れるのですか?
エリルよ、お前の顔はタマリスクのように浅黒い!
なぜ自分の息子を恐れるのか?
アヌをあなたのもとに呼び寄せよ。
エンキをあなたの前に連れて来させなさい。

第三章

エンキはアヌを呼び寄せた、
エンキは彼の前に連れて来られた、
天空の王アヌが立ち会った、
アプスの王エンキも同席した。
大いなるアヌンナキも同席した。
エリルは立ち上がり、裁判が行われた。
エリルは声を張り上げ
偉大な神々に語りかけた
彼らが立ち上がったのは私に対してか?
私は戦いますか...
私は自分の目で何を見たか?
暴徒が私の戸の周りを走り回っていた!
アヌは声を上げ
戦士エリルに言った
ヌスクに出かけさせよ
お前を囲んでいるイギギの言葉を見つけろ
命令だ…
命令だ…
エリルは声を張り上げ
宰相ヌスクに話しかけた
ヌスク扉を開けろ
お前の武器を取り私の前に立て
すべての神々の集まりで
お辞儀をしてから、立って彼らに言え、
あなたの父アヌ、
あなたの護衛、戦士エリル
あなたの監視者ニヌルタ
あなたの運河を管理するエンヌギは
言うためにわたしを遣わされた、
誰が暴徒の責任者なのか?
誰が戦いを指揮するのか?
誰が宣戦布告したのか?
誰がエリルの扉に駆け寄ったのか?
ヌスクは扉を開けた、
武器を取ってエリルから行った
すべての神々の集まりで
お辞儀をして、立って、メッセージを伝えた。
あなたの父アヌ、
あなたの護衛の戦士エリル
あなたの看守ニヌルタ
あなたの運河の管理者エンヌギが
私に言わせた。
誰が暴徒の責任者なのか?
誰が戦いを指揮するのか?
誰が宣戦布告したのか?
誰がエリルの扉に駆け寄ったか?
エリル…
全員が宣戦布告した
我々は掘るのを止めた
この負担は過大で、私たちを死に至らしめる!
俺たちの仕事はあまりに過酷で厄介すぎる
私たち全員が
エリルに文句を言うことに同意した
ヌスクは武器を持って
エリルのところに戻った
ご領主さまあなたが私を…
俺は行った…
俺は説明した…
私たちの神々の一人一人が
宣戦布告した
掘るのを止めさせました
負荷が大きすぎる、それは私たちを殺している!
私たちの仕事はあまりにも難しく、トラブルが多すぎます、
だからわれわれ神々の一人一人が
エリルに文句を言うことに同意した
エリルはその演説を聞いた。
涙が溢れた。
エリルは用心深く話した
戦士アヌに言った
高貴な方よ,命令を下してください
空に向かって力を示せ
アヌンナキがあなたの前に座っている間に
一柱の神を呼び集め、その神を破滅に追いやれ。

第四章

アヌはその声を聞いた。
神々に語りかけた、
私たちは何の不満があるのでしょうか。
彼らの仕事は実に辛く、彼らの罰は重すぎた。
毎日、大地は鳴り響いた。
警告信号は十分に大きく、私たちは騒音を聞き続けた。
…する
…仕事
アヌンナキがあなたの前に座っている間
子宮の女神ベレ=イリがいる間に、
一人を呼び出し、破壊のために投げよ
アヌは声を上げ、ヌスクに語りかけた。
ヌスクよ、扉を開け、武器を取れ、
偉大なる神々の集まりに一礼し、そして立て。
そして彼らに言え
あなたの父アヌ、あなたの護衛の戦士エリル
あなたの看守ニヌルタと運河の管理者エンヌギが
私に言わせたまえ。
誰が暴徒を指揮するのか?誰が戦いを指揮するのか?
どの神が戦争を始めたのか?
暴徒が私の家の周りを走り回っていた!
これを聞いたヌスクは
彼は武器を取り
偉大な神々の集まりでお辞儀をし、それから立って
そして、彼らに言った。
あなたの父アヌ、あなたの護衛戦士エリル
あなたの看守ニヌルタと運河の管理者エンヌギが
わたしに言わせた、
誰が暴徒の責任者なのか?誰が戦いを指揮するのか?
どの神が戦争を始めたのか?
暴徒がエリルの家の周りを走り回っていた!
イーアは声を張り上げた
神々に語りかけた
なぜ彼らを責めるのか?
彼らの仕事はあまりに厳しく,彼らの処罰はあまりにひどかった。
毎日大地は鳴り響いた。
警告信号は十分に大きく、私たちは騒音を聞き続けた。
そこには…
子宮の女神ベレ-イリ現る
彼女に死すべき人間を創造させ
軛を負わせるために…
エリルの仕事である軛を負わせるために
人間に神々の荷を負わせなさい

子宮の女神ベレ-イリがいる、
子宮の女神に子孫を作らせよ、
彼らに神々の荷を負わせよ!

第五章

彼らは女神を呼び出し、こう尋ねた。
神々の助産婦、賢いマミよ、
あなたは子宮の女神であり、人類の創造者である!
軛を負わせるために、人間を創造しなさい!
彼に軛を負わせなさい、エリルの業を負わせなさい
[囚われの]神々の荷を負わせなさい!
ニントゥはその声を響かせ
大いなる神々に語りかけた、
月の1日、7日、15日に
わたしは洗って清めよう。
そして一柱の神を屠る。
そして神々は水に浸して清められる。
ニントゥは粘土を混ぜ
その血肉と混ぜ合わせる。
神と人とが
粘土の中で混ぜ合わされる。
永遠に太鼓の音を聞かせよう、
神の肉から亡霊が生まれよう、
それを彼女の生きた証として宣言させよう、
殺された神を忘れないように、幽霊を存在させよう。
彼らは集会でイエスと答えた、
運命を決める偉大なアヌンナキたちは
月の1日、7日、15日に
洗って清めた。
ゲシュトゥ・エ、知性を持つ神、
彼らは集会で屠殺した。
ニントゥは自分の血と肉に粘土を混ぜた。
彼らはその太鼓の音をいつまでも聞いていた。
神の肉から幽霊が生まれた、
彼女はそれを神の生きた証だと宣言した。
亡霊は殺された神を忘れないために存在した。
彼女はその粘土を混ぜた、
彼女は偉大な神々であるアヌンナキを呼び出した。
イギギ、偉大な[囚人]神々、
粘土の上に唾を吐いた。
マミはその声を聞かせ
大いなる神々に語りかけた、
私はあなたが私に命じた仕事を
あなたが私に命じた仕事を完璧に遂行しました。
あなたは神をその知性とともに屠った。
私はあなたがたの苦役を解いた、
あなたの重荷を人間に課した。
あなたは人間に騒音を与えた、
あなたは人間に騒音を授けた。
私は投獄の鎖を解き、自由を与えた。
彼らは彼女の言葉に耳を傾けた、
そして不安から解放され、彼女の足にキスをした:
私たちはあなたのことをマミと呼んでいました、
私たちはあなたをマミと呼んでいましたが、今、あなたの名前はすべての神々の女王となるでしょう。

第六章

遠い目をしたエンキと賢いマミ
運命の部屋に入った。
子宮の女神たちが集まっていた。
彼は彼女の前で粘土を踏んだ;
彼女は呪文を唱え続けた、
エンキは彼女の前で、彼女に呪文を唱えさせた。
彼女が呪文を唱え終えると
彼女は14個の粘土をつまんだ、
七つを右に置き
七つを左に置いた。
その間に泥レンガを置いた。
彼女は葦を使い、それを開いて臍の緒を切った、
知恵と知識のある者たちを呼び集め
子宮の女神たちを呼び集めた。
七人が男性を作り
七人は女性を創造した、
子宮の女神は運命の創造者である。
彼は…二人ずつ
…彼女の前で二人ずつ。
マミは人々のためにこのルールを作った:
出産する女性の家には
出産する女性の家では、泥レンガを7日間敷かなければならない。
ベレ・イリ、賢いマミは敬われなければならない。
助産婦は出産する女の家で喜ばなければならない。
女が子を産むとき
産婦は身を切らねばならない。
男から女へ…
胸元
ひげが見える
若い男の頬に
庭や道端で
妻と夫は互いを選ぶ
子宮の女神たちが集まり
ニントゥもいた。彼らは月を数え
十月を運命の月と呼んだ。
10番目の月が来ると
彼女は杖を差し入れ、子宮を開いた。
彼女の顔は喜び、喜んでいた。
彼女は頭を覆った、
助産を行い
帯を締め、祝福を唱えた。
彼女は小麦粉で絵を描き、泥のレンガを置いた:
私の手で造った。
助産婦はカディストゥ巫女の家で喜ばなければならない。
女が出産する時はいつも
産婦は身を切る、
土の煉瓦は九日間置かれなければならない。
子宮の女神ニントゥは敬われなければならない。
彼女は彼らの…マミを呼ばなければならない。
彼女は……子宮の女神を、
麻布を敷きなさい。
彼らの家にベッドを敷くとき
妻とその夫は互いに選び合う。
イナンナは妻と夫の関係を喜ぶ。
義父の家で。
祝宴は九日間続く、
イナンナをイシャラと呼ぶ。
十五日目、定められた運命の時に
彼女は呼ぶであろう…

第七章

男…
男…
息子は父親に…
彼らは座って…
彼は運んでいた…
彼は見た…
エリル…
彼らは…
新しいピックと鋤を作った
大きな運河を作った
人々を養い神々を維持するために
600年、600年足らずが過ぎた
国は雄牛の咆哮のように騒がしくなった。
神は彼らの騒々しさに落ち着かなくなった
エリルは彼らの騒ぎに耳を傾けなければならなかった
彼は偉大な神々に語りかけた、
人間の騒音はひどくなりすぎた、
私は彼らの騒々しさに眠れなくなっている。
私は彼らの騒々しさに眠れなくなっている、
さて、一人のアトラハシスがいた。
彼の神エンキに耳を開いていた。
彼は神と語り
その神は彼と話した
アトラハシスはその声を聞き
主君に語りかけた、
神々はいつまで我々を苦しめるのか?
彼らは私たちを永遠に病気で苦しめるのだろうか?
エンキはその声を聞かせた
そのしもべに語りかけた:
長老たち、年長者たちを呼べ!
自分の家で蜂起を起こせ、
先駆者たちに宣言させよ。
その地で大声で騒げ:
あなたがたの神々を崇めてはならない、
女神に祈ってはならない、
ナムタラの戸を探し出せ。
焼いたパンを彼の前に持って来なさい。
小麦粉の供え物が彼に届きますように。
彼がその贈り物によって恥じ入りますように。
その手を拭え。
アトラハシスは命令を受け
長老たちを戸口に集めた。
アトラハシスは声を張り上げ
長老たちに言った:
わたしは長老たちを召集した!
自分の家で蜂起を起こせ、
先駆者たちに告げ知らせよ。
その地で大声で騒げ:
あなたがたの神々を崇めてはならない、
女神に祈ってはならない、
ナムタラの戸を探し出せ。
焼いたパンを彼の前に持って来なさい。
小麦粉の供え物が彼に届きますように。
彼がその贈り物によって恥じ入りますように。
その手を拭え。
長老たちは彼の演説に耳を傾けた;
ナムタラのために寺院を建立した。
ヘラルドたちは宣言した…
彼らは大声で騒いだ。
彼らは自分たちの神を敬わず
女神に祈ることもしなかった、
ナムタラの門を探した、
焼いたパンを彼の前に持ってきた。
小麦粉の供え物が彼に届いた。
彼はその贈り物に恥じ入った。
そして手を拭った。
スルプ病は彼らから去った。
神々はいつもの供え物に戻った。

LEAVE A COMMENT