ぶべら

ぶべら ~The King of クソブログ~

2016/06/25 影の劇場-door to a theater-を観ていた

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前

2016/06/25 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前

『影の劇場-door to a theater-』 6/25sat.19:00-@新宿駅 東南口前¥2000 日常に潜むフシギ、影。 街を舞台に影を探し歩く徘徊劇。 詳細⇒http://secretheater.wix.com/lens

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (1)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (2)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (3)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (4)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (5)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (6)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (7)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (8)

20160625 影の劇場-door to a theater-@新宿駅 東南口前 (9)

19:00少し過ぎ、新宿東南口に人がちらほら。白塗りの男を探せ状態で。
少しして登場。チケットを買うとマスクと地図を渡される

会場は中野。19:15の中央線に飛び乗り19:20に中野へ

北口を出るとすでに絵を描いている集団がいて、人だかりになっている。

会場は動く。階段を上り、広場で踊り、謎の水を売り歩き、信号を超え、また戻り、目隠しをして列になって連れられ、再び集まり、最後に踊り、、、、、逃走・・

日常に溶け込む演劇は境目があるようでないようで。演劇は観客がいるから演劇なのだろうか。観客がいない場合は劇になるんだろうか?
そんなことを少し考えた。(どっかでよんだんだっけ?すでに飲んでからよくわからない)

劇って難しいね!

とはいっても、不思議な格好の不思議な踊り、不思議なストーリ展開に関しては予備知識などなくても十分楽しめるし、感じることや思うこともたくさんあるんじゃないだろーか。

何かを演じる演劇(学校の演劇祭の延長)のものを中心にいやいや見ることが多かったので、最近は違った目線で見ることができるので刺激があって楽しい。

途中警官がきて劇が中止になったのかと思ってたら、自分(他数名)が迷子なだけだった。笑う。

LENS『影の劇場-door_to_a_theater-』予告

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

*

© 2018 ぶべら