ぶべら

個人的な感想はどうでもいい。全て記録しておきたいものを。

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢 (1)

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢 (2)

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢 (3)

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢 (4)

伊藤潤二 魔の断片 (Nemuki+コミックス) サイン会@ヴィレッジヴァンガード下北沢 (5)

新宿からの帰りの電車で、知らない番号から着信。
でも、もしかしたら掛かってくるかという期待がほんの少しだけあったので、迷惑なのを承知で応答。

キャンセル待ちが出たとのことで、サイン会に参加できることになりました。

たたたたただし、一度家に帰って漫画本と予約票を取りにいかなければならない。

超高速で地元駅の階段をダッシュし、往復12分の道を6分弱で再び駅に戻し、下北沢のヴィレッジヴァンガードへ。
南口の裏口からショートカットしてなんとか30分で到着。
スタッフさんに確認してもらい順番待ち。

キャンセル待ちの方(整理券配布)もならんでて、なんかみんな死ぬほどうれしいんだろうなと思った。

5分ほどして自分の番が来て、サインを本にしてもらいました。
握手までしてもらって感動です!ほんのり冷たい手でしたww

笑顔でしたが、100人もサインしてると相当疲れてるんじゃないかと心配になりました。

名前書いてもらった後、双一?の目の部分(たしか眉間と眉毛)から書き始めた気がします。

間に合ってよかったですねって声かけていただいたり、下北のヴィレヴァンの方々もやさしい方ばかりでした。最近ご無沙汰でしたので、貢献しますね。

名前は隠そうかと思ったけど、失礼かと思いそのまま掲載します。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

*

© 2018 ぶべら